読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汗で稼ぐ榎本行宏の『えのちゃんねる日記(仮題)』〜webデザインの勉強と漫画と小説と麻雀とあとなんか。〜はてなブログ版バージョン1.17 yukihiroenomoto666’s diary

『えのちゃんねる日記(仮題)』はてなブログ版へようこそ!汗で稼ぐ榎本行宏(フェリカwebサイト制作科2014年8月18日開講の生徒)のwebデザインの勉強や漫画や小説や麻雀やあとなんかの話。(*ω*)

スポンサーリンク

今日は維新政党・新風の鈴木信行さん(参議院議員選挙東京選挙区候補)の街頭演説を蒲田駅前に見に行きました。

今日は維新政党・新風の鈴木信行さん(参議院議員選挙東京選挙区候補)の街頭演説を蒲田駅前に見に行きました。

詳しい政策は維新政党・新風の公式ホームページを見てください。

演説はとてもよかった。

特に良かったところは憲法に関して単なる憲法改正ではなく、GHQが押し付けた現行憲法を破棄して自主憲法を制定するという政策だ。

ここが僕は大事だと思っている。

僕が生きてる間に正しい自主憲法が制定されることを願う。

 

僕は今回の参議院議員選挙は、

選挙区は維新政党・新風の鈴木信行さんに、

比例区は日本のこころを大切にする党の西村眞悟さんに、

投票しようと思う。

都知事選は元在特会会長の桜井誠さんに投票しようと思う。

 

みんな良かったら彼らの政策を見て欲しい。

右の人は心から納得すると思う。

それ以外の人は「なんだこの極右は?」と思うかもかもしれない。

だが考えて欲しい。

何故、彼らがこのような政策を掲げるように至ったのかを。

何故、このような政策を掲げるような事態に日本が至ったのかを。

その経緯を考えて欲しい。

僕は彼らの政策が本当の日本の救策だと思っている。

日本の議会に右の政党が必要なのだ。

それぐらい、今の日本は危機に瀕している。

何故、このような危機に至ったのかを考えて欲しい。

総ては大東亜戦争に日本が敗戦してGHQが占領政策をやりそれに洗脳された自虐史観が蔓延していることに端を発していると僕は思う。

戦後占領体制から脱却できていないのだ。

戦後占領体制ーつまりは、ヤルタポツダム体制の打破なしには日本は救われないのだ!

信じるか信じないかは貴方次第です!

すめらみこといやさか!すめらみくにいやさか!すめらぎいやさか!(*ω*)